2016年10月16日

脱出ゲームの傑作『DOOORS』が3DS

TV番組『水曜どうでしょう』の名物ディレクターである藤やん=藤村忠寿氏と、うれしー=嬉野雅道氏が読者のお悩みに答えていく、人気コラムの第70回が更新された. 今回のお悩みは「赤面症が悩みです. いい年こいて情けないのですが、好きな人を目の前にすると茹でダコの如く赤面してしまいます. 正直気まずいし、相手に面倒くさい人だと思われてしまうのではないかと焦ります. 赤面しないようにとあれこれ対策を講じても効果は出ず. 赤面しない、もしくは赤面してしまっても相手に迷惑を掛けないふるまいができるようになるにはどうしたらいいのでしょう」というもの. 新年1発目はかわいらしいお悩み. だが本人にとってはとても気になるし、一大事なお悩みでもある. 具体的になんとかする方法ではなく、「事実をどうとらえて生きるか」について、おっさん2人が教えてくれる. ぜひご一読を. そして今年もこのまったりした連載をひとつよろしくお願いします. 【画像をクリックしてお読みください】 藤やん・うれしーの悩むだけ損! お悩み投稿フォーム 書籍最新刊『藤やん・うれしーの 続々・悩むだけ損! 』も好評発売中 『藤やん・うれしーの 続々・悩むだけ損! 』の購入はこちら. モブキャストとコーエーテクモゲームスが共同開発するiOS/Android/PC向けSLG『モバノブ』について、事前登録者数が4月10日の開始から3日で3万人を突破した. なお、事前登録の受付は現在も実施中で、5月15日から正式サービスが開始される. ※以下、メーカー様からの情報をもとに記事を掲載しております. モバイルゲームプラットフォーム「mobcast」の運営を行う株式会社モブキャスト(本社: 東京都港区、代表取締役: 藪考樹)は、PC・家庭用ビデオゲーム用ソフトウェア、オンラインゲーム、モバイルコンテンツの企画・開発・運営をおこなう株式会社コーエーテクモゲームス(本社: 神奈川県横浜市、代表取締役社長: 襟川陽一)と共同で開発した携帯合戦シミュレーションゲーム「モバノブ」が、2014年4月10日より開始した事前登録において、3日間で3万人を突破したことをお知らせいたします. また事前登録をして頂いた方に、「独眼竜・伊達政宗」が、さらにSNSにて拡散をして頂いた方には「竜の右目・片倉景綱」がもらえるキャンペーンを引き続き実施中です. 「モバノブ」は、大ヒット作となった歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」のリアルで重厚な世界観はそのままに、mobcastが「モバプロ」「モバサカ」などの大人気ゲームで培ってきた、実績豊富なオリジナルゲームエンジン「MSGE(mobcast Social Game Engine)」を融合した意欲作です. "1日5分で楽しめる戦国国盗りバトル"をテーマに、従来のユーザーだけでなく、幅広いユーザーに楽しんでいただける作品となっております. また、mobcastプラットフォームの「SVS(Social Victory Space)」のコンセプトに基づいて開発された本作は、プレーヤー同士が競い合うことを楽しむことを最大限に生かす工夫が随所に盛り込まれております. 今回の事前登録では「信長の野望」ファンのみならず、「モバプロ」「モバサカ」ファンによって相互に期待が高まっていることが、急激な登録者の増加につながっていると考えます. 5月15日(木)に正式配信となる「モバノブ」に是非、ご期待ください! 尚、引き続き、事前登録をして頂いた方に「独眼竜・伊達政宗」が、さらにSNSで「モバノブ」の拡散をして頂いた方にはさらに「竜の右目・片倉景綱」が配布されるキャンペーンを引き続き実施しております. ※画像は開発中のものです. PUMOは3DS用ダウンロードソフト『DOOORS』を12月3日に配信することを発表しました. 価格は500円(税込). スマホアプリ版を手がけた58worksとの共同開発で、エプコットがスポンサードとなっています. 『DOOORS』は、隠された謎を解き、閉ざされたドアを開いて脱出する"脱出ゲーム"です. オリジナル版は58worksがリリースしたスマートフォンアプリで、全世界シリーズで累計3,000万ダウンロードという記録を持つ人気タイトルです. ●動画: 3DS『DOOORS』PV(ナレーション: 土屋礼央) 3DS版『DOOORS』は、基本的なゲーム性はそのままに、3DSならではの新しい謎解き、新ステージをふんだんに盛り込んだ新作タイトルとなります. ステージ数は全80となっています. タイトル画面. ステージセレクト画面. タッチ操作にも対応しているようだ. 本体を傾けるという、3DSならではの謎解きも. アイテムを駆使して脱出を目指そう. 怪しいところを見つけたら、アイテムなどを試してみよう. 全80ステージの中には、ひらめきが必要な謎解きも!? なお、本作の発表とあわせて、ニンテンドーeショップやYoutubeでゲーム紹介動画が公開されています. そのナレーションを担当するのは、RAGFAIR、TTREなどでシンガーソングライターとして活躍する土屋礼央さん. 土屋さんは音楽活動の他にも、アプリの制作や鉄道好きなど、さまざまなエンターテイメント分野でも活躍しています. 今回の動画では、そんな土屋さんが"ドア開きます"にちなんだ趣向を凝らしたナレーションを行っているとのこと. 土屋礼央さん. ●PUMOの竹下プロデューサーからのコメント スマートフォンクリエイター様の魅力的なタイトルをニンテンドー3DSへ! シリーズも、『ぐんまのやぼうfor ニンテンドー3DS』『王国の道具屋さん』そして本作『DOOORS』で3タイトル目となりました. 今回も単なる移植にとどまらずニンテンドー3DSならではの要素を盛り込んだタイトルとなっておりますので、ぜひダウンロードしていただけると嬉しいです. 引き続きPUMOと、PUMOのニンテンドー3DSタイトルをよろしくお願い致します.
posted by ChinenFumina at 11:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください