2015年09月24日

サンディスクがゲーム向けメモリーカードの

サンディの武器屋"もぐらたたきゲームコンテスト"に参加してサンディ・グッズを当てよう サンディスクでは、ゲーム向けフラッシュメモリ製品の販促キャンペーン、サンディの武器屋"もぐらたたきゲームコンテスト"を本日(2011年12月9日)から開始した( ⇒サイトはこちら ). こちらは、サンディスクのスペシャルサイト"サンディの武器屋"内のゲームコンテンツ"モグラン☆パニック~いたずらモグランをやっつけろ! ~"にて、ゲームをプレイしたユーザーのうち、スコアランキングコンテストにエントリーした方を対象にコンテストを実施するというもの. 実施期間は2012年2月6日までとなる. キャンペーンには、サンディのもぐらたたきゲームプレイをした日本在住の18歳以上の方であれば誰でもエントリー可能. エントリーユーザーのうち、コンテスト実施終了時点で上位10名にランクインされた方は、順位に応じた賞品がプレゼントされる. さらに、上位10名には入らなかった方の中から、抽選で200名に"サンディの武器屋"オリジナルグッズがもらえる. キャンペーンの詳細は以下の通りだ. 【キャンペーン概要】 サンディの武器屋"モグラン☆パニック~いたずらモグランをやっつけろ! ~"スコアランキングコンテスト コンテスト実施期間: 2011年12月9日(金)~ 2012年2月6日(月)23時 賞品: (1)ランキング上位入賞者 1位: ・ニンテンドー3DS本体セット ・超高速SDカード"サンディスク エクストリーム プロ SDHC 32GB" ・"サンディの武器屋"オリジナルグッズセット 2位: ・ニンテンドー3DS本体セット ・超高速SDカード"サンディスク エクストリーム プロ SDHC 16GB" ・"サンディの武器屋"オリジナルグッズセット 3位: ・ニンテンドー3DS 本体セット ・超高速SDカード"サンディスク エクストリーム プロ SDHC 8GB" ・"サンディの武器屋"オリジナルグッズセット 4位 ~ 10位: ・超高速SDカード"サンディスク エクストリーム プロ SDHC 4GB" ・"サンディの武器屋"オリジナルグッズセット (2)抽選プレゼント 11位以下のユーザーを対象として抽選: "サンディの武器屋"オリジナルグッズとなる"マグカップ"か"バンダナ"のいずれかを合計200名にプレゼント. (C) 2011 SanDisk Corporation. All rights reserved. 人気グループ・EXILEのUSAさんのキャラクター「ラッキーウサ」が9日、名前つながりの縁で大分県宇佐市の文化観光大使に任命された. 7年前、USAさんが宇佐神宮にアルバムのヒットを祈願したところ、ミリオンセラーに. これを機に宇佐市を好きになったといい、交流が続いてきた. 協定式でUSAさんは「宇佐神宮にはパワーをもらった」. 市はラッキーウサを全国に派遣し観光PRする方針で、担当者は「神宮なみの力を発揮して」. (占部正彦). 斎藤靖史、木原貴之】長崎県の国営諫早湾干拓事業を進めてきた国が窮地に陥っている. 湾を潮受け堤防で閉めきるため、鋼板を「ギロチン」のように落としてから16年. 堤防にある排水門の開門を義務づけた判決の履行期限が12月20日に迫る中、開門に必要な対策工事に着手できていないからだ. ■農家が反発、工事着手できず 干拓地が広がる川沿いの堤防道路で10月28日、九州農政局の職員の前に、数百人の農業者らが立ちふさがった. 国が試みた3回目の工事着手. 「判決は消えません」と言う職員に対し、「干拓は農水省が造ったんじゃろが」と農業者たち. 職員は説得を諦め、30分ほどで立ち去った. 有明海の中央西部にある諫早湾. 事業は農地造成と洪水被害の解消のため1989年に始まり、国内最大級の約3千ヘクタールの干潟の奥部は97年に閉めきられた. その後、水質悪化による漁業被害を訴える漁業者らと、事業を進めた農水省との間で対立が続いた. 「対立の構図」が変わったのは3年前だ. 漁業者らの訴えにより開門を命じた福岡高裁判決が、当時の民主党政権による「上告断念」の判断で確定. 開門の必要はないとしてきた国は、一転して開門を義務づけられた. 今年12月20日までに開門し、向こう5年間にわたって影響を調べなければならない. 開門のためには農業や防災上の影響が出ないような対策工事が必要だ. だが、塩害や洪水の心配のほか、国への不信感を深める農業者らは抵抗. 開門を待ちわびる漁業者らもいら立ちを募らせる中、開門期限まで1カ月余りになった. 開門反対派がかたくななのは、国の「変わり身」への不信が大きい.
posted by ChinenFumina at 04:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: