2014年04月20日

原子力賠償の国際条約に加盟へ 政府、新年

政府は原子力事故の損害賠償について定めた国際条約「原子力損害補完的補償条約(CSC)」に、新年度にも加盟する方針を固めた. 同条約を主導する米国から参加を求められていた. 原発の再稼働や海外への輸出を今後進めるにあたり、賠償の国際的な枠組みへの参加は不可欠になる、と判断した. 今国会での条約案提出をめざすが、現実には国内法の改正が必要になるため、難しい情勢だ. 新しいエネルギー政策をまとめる今夏以降、条約批准へ向けた作業を本格化させる. 【最安値挑戦!】素晴らしい モンスターヘッドホン Cowboys モンスターヘッドホンDallas [monster cable dr dreMT12093] CSCは米国、アルゼンチン、モロッコ、ルーマニアの4カ国が加盟. 事故で賠償額が一定額(約370億円)を超す場合、加盟国が資金を出し合って支え合うしくみ. 日本が加盟して他国で事故が起きると、約70億~80億円を分担金として払う可能性がある.
posted by ChinenFumina at 07:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください