2016年09月23日

ゴッド・オブ・ウォー コレ椎名クション』に登

VOFAN氏の来日に、ファンも大感激 西尾維新氏の小説『 化物語 』シリーズのイラストや、バンダイナムコゲームスのプレイステーション3用ソフト『 時と永遠~トキトワ~ 』のキャラクターデザインなどを務める、台湾のイラストレーターVOFAN(ヴォーファン)氏. そのVOFAN氏が手掛けた台湾版・週刊ファミ通の表紙イラストを中心に80点以上を収録した画集「魅(CHARM) -VOFAN大人幻想画集-」が、台湾と日本で2012年8月9日に発売された. 本日(2012年8月26日)、本書の発売を記念して、東京・有隣堂書店秋葉原店にてVOFAN氏のサイン会が開催された. 集まったのは、画集を予約購入して整理券をゲットした100人のファン. VOFAN氏は台湾在住なため、実際に会えるチャンスは滅多にないということもあり、訪れた人たちは大感激といった様子. VOFAN氏もひとりひとりに挨拶、言葉を交わし、丁寧にサインをしていた. また、会場に居た関係者によると、本書の購入特典として次なるサプライズも準備中とのこと. この情報は、届き次第ファミ通.comでもお伝えする予定なので、要チェック. ※「魅(CHARM) -VOFAN大人幻想画集-」の情報はこちら. カプコンから3月18日に発売されるPS3用ソフト『ゴッド・オブ・ウォー コレクション』の作品に登場するモンスターたちを紹介する. 本作は、PS2で発売されたアクションゲーム『ゴッド・オブ・ウォー』と『ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲』をセットにしたPS3移植版. 移植にあたり、画面解像度のHD(720p)化や、フレームレートの60fps化が行われ、より美しいグラフィックでゲームを楽しめる. ここでは、主人公クレイトスの前に立ちはだかる闇の軍勢を紹介する. 軍神アレス率いる"闇の軍勢" サイクロプス 人を食べることを好む1つ目の巨獣. かつては、オリュンポス山の建設を手伝った. 巨大な武器を持ち、歴戦をうかがわせる傷が付いた分厚い皮膚に覆われている. 無敵ともいえるこの巨獣だが、巨大な1つ目が弱点. 【CSアタック】ある程度ダメージを与えたところで、次々に表示されるアイコンを正確に入力. 急所である目に剣を突き立て、とどめを刺す. ゴルゴン 不信心さから女神アテナの怒りを買い、蛇のような姿に変えられた. かつては美しかった髪も蛇のように変わり、その眼差しを見た者を瞬時に石化させる. ゴルゴンの女王"メデューサ"の首を刈り取ることができる者がいれば、その者は敵を石化させる能力を手に入れられるだろう. 【CSアタック】弱らせて強引に頭をつかんだところで、左スティックを表示通りに操作. 成功すると頭部を引きちぎり息の根を止める. ミノタウロス 半人半牛で敏捷かつ、わずかではあるが知性を持ち、血に飢えた人間を食らう怪物. 神話上ではクレタ島の迷宮に封印され、毎年若者がいけにえにされていた. 【CSアタック】弱らせてつかみ倒し、マウントを取ったところで○ボタンを連打. ミノタウルスとの力比べになる. アンデッドレジオネア かつては誇り高き戦士だったが、不幸にもその魂を解放されることなく、アレスによって復活させられた. 集団による分散、包囲攻撃を得意とし、自己犠牲もいとわない. 剣を武器にするものの他に、弓を放って遠方から攻撃してくる場合もある. 弓の一撃はたいしたことはないが、集団で弓の雨を降らされた時には注意. ヒュドラ 神話上で語られるヒドラは、蛇のような怪物で、エーゲ海の海底に生息していたといわれる. 船乗りの間では、ヒドラのことは声を立てて話すことを禁じられていた. 素早い動きと鋭い牙で人間を襲い、一飲みにしてしまう. セイレーン パンドラの箱を探す者は、死の砂漠でセイレーンの美しい歌声に魅了され、朽ち果てていく. 攻撃を加えようとも陽炎(かげろう)のように、周囲を舞うセイレーン. 見事セイレーンを打ち倒すことができれば、パンドラの神殿への道が開けるといわれている. レイス 軍神アレスは死者を再生させ、自分の意のままに働くアンデッド軍団を構成した. ブレイズオブカオスでの攻撃を陽炎のようにすり抜けたかと思うと、地中に潜み、クレイトスの防御の下から突如現れて、両手の鋭い刃で切り刻もうとする. アレス 闘いの神、軍神と呼ばれる. ゼウスとヘラの息子だが、両親から嫌われている. 残忍で血生臭い殺りくを好む一方、億病(おくびょう)な面もあり、自分の命令に忠実に従う部下を探している.
posted by ChinenFumina at 08:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。